主催イベント


森林里山保全活動に関するシンポジウム

 個人または小規模グループ、ボランティア(非営利・自主的)活動の本当の可能性を改めて考え、更なる発展を目指すためのシンポジウムです。経験・知識は関係なし!森林里山保全活動・地域づくり活動・社会貢献活動に関わる全ての方々、大歓迎です。

 

【開催報告】

たくさんの皆様にご参加頂き、誠にありがとうございました!

シンポジウムの報告はこちらからご覧になれます。

 

 

 

【開催日時】

平成30年1月14日(日)10:30~14:00

 

【開催場所】

旧小貝中央小学校跡(栃木県芳賀郡市貝町続谷1143-3)

*お車での集合が難しい方には先着7名で送迎もございます。詳しくは下記ダウンロード可能なリーフレットからご確認ください。

 

【開催内容】

(午前の部)

・講師陣による森林里山保全に関連する個人・非営利の事例紹介

・分科会

(午後の部)*こちらは希望者のみとなります。

・昼食兼交流会

・エクスカーション「森林保全×他分野」の協働事例

 

【対象者】

・活動に理解を深めたい。

・新しいネットワークが欲しい。

・普段は支援する側なので現場の「思い」を聞きたい。

・最先端の活動の講師陣の話を聞いてみたい。

・自分の活動が好き。

・新しい世界を広げたい。

 

【講師】

最先端の活動をされている講師をお迎えします。

・特定非営利活動法人 山村塾 事務局長 小森耕太 氏

・一般社団法人 鳥獣管理技術協会 事務局長 髙橋俊守 氏

・特定非営利活動法人 トチギ環境未来基地 代表理事 塚本竜也 氏

 

 

【スケジュール】

10:00開場

10:30シンポジウム開始、挨拶

   タイムスケジュールご案内、講師紹介

10:40事例発表①「山村塾」

10:50事例発表②「鳥獣管理技術協会」

11:00事例発表③「トチギ環境未来基地」

11:10質疑応答

11:25休憩

11:40分科会

12:15分科会成果の全体共有

12:25閉会

   午後の部のアナウンス

12:30昼食場所へ移動

    昼食兼交流会(シシ鍋と棚田米おにぎり)

13:15エクスカーション「森林保全×他分野」の協働事例を聞く(いちかい子育てネット羽ばたき)

13:30エクスカーション「森林保全×他分野」の協働事例を見学(旧小貝中央小裏の森 希望の丘の見学)

13:45質疑応答や感想共有

13:55事務局アナウンス

14:00閉会

 

【分科会テーマ】

「多様な世代での協力の可能性」 小森耕太氏

幅広い年代・背景・技術を持つ方々が集まる活動の力はどういったものか?若者を活動に呼び込むためのノウハウについても議論します。

 

「個人や非営利の力と可能性」 髙橋俊守氏

個人や小さいグループで活動する際の困難、どういう風に解決するか?小規模や非営利で活動する意義について継続的に活動を続けるための工夫について考えます。

 

「他分野連携による里山保全の可能性」 塚本竜也氏

里山を守っている、だけでは里山を守りきれない?他分野と連携することで付加価値が里山に生まれる、新しいアプローチ探ります。

 

【参加費】

無料

*午後の部にご参加の方は、昼食代として500円。(シシ鍋と棚田米おにぎり)

 

定員:50名

締切:1月11日(木)

*先着順、定員に達し次第締切とさせていただきます。

 

【リーフレット】

こちらからダウンロードいただけます。

ダウンロード
森林里山保全活動に関するシンポジウム表.pdf
PDFファイル 9.4 MB
ダウンロード
森林里山保全活動に関するシンポジウム裏.pdf
PDFファイル 1.4 MB

 

 

【お問合せ】

その他のお問合せにつきましては下記ご連絡先または本HPの「お問合せ」のページよりお願い申し上げます。

E-mail:jin@conservation-corps.jp

Tel:0285-81-5373

お問合せのページはこちらから