若者定住モデル日本一(3月4日下野新聞記事)

本日3月11日、東日本大震災から6年が経ちました。

被災された皆様には心からお祈り申し上げます。

 

先日、オーライ!ニッポン大賞の最高賞であるグランプリ(内閣総理大臣賞)を

受賞したことをご報告させていただきました。

3月3日(金)には、東京の帝国ホテルで表彰式があり、スタッフ5名で伺いました。

 

このような場に伺うことができて本当にうれしかったです。

 

2009年から第1期生が6人集まり、子どもが遊べる森の整備、創造の森を整備することから始まったConservation Corps(コンサベーション コア)プログラムをこのような賞で評価していただけたこと、

本当にうれしく思います。

ありがとうございます。

 

また、このような賞をいただいた背景には、たくさんの方々のご協力と応援があります。

森で一緒に汗を流したボランティアや、寄付で応援してくださった方、

いろいろな森の技術を教えてくださっているみなさんなどなど、

本当にたくさんのみなさんに今まで助けて頂きました。

 

今後とも栃木を元気にするための活動を続けてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ダウンロード
若者定住モデル 日本一
平成29年3月4日付、下野新聞に掲載して頂きました。
20170304 Shimotsuke.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 886.8 KB